権限とエンパワーメントとは同義語ではない

エンパワーメントとは、息をすることと同じく、何か普通ではないことが起きるまでその大切さをなかなか意識することはありません。ビジネスにおいて受動的になってしまうという徴候は、エンパワーメント不足が理由で起こることがもっとも多いのです。 Continue reading

責任を持たせること vs. 同意を得ること

マネージャーによっては、新しいやり方を取り入れることに不安を感じる人もいるようです。成功するための変革を経験したことのないマネージャーには特にその傾向があります。

Continue reading

戦略作成では、まず譲れない部分を明確にする事

市場、状況に関わらず、どのビジネスにも複数の戦略方向のオプションが存在するものです。企業のリーダーにとって、自分のビジョンをちゃんと説明せずとも、自分のチームがそれに沿った戦略方向性を提示してくれることができれば最高ですね。

しかし、そのようなことが自然と起こる事は実際にはまずありません。

最適な戦略が一つしか存在しないなどということはないのです。そこで自分のビジネスにおける優先順位をもとに理想的な戦略方向を選択するのは、リーダーの役目です。

「 チームには、戦略開発に自分たちも参加していることを感じてもらいから、私のビジョンを説明し強制するような事はしたくない。そんな事をすれば、彼らは責任を感じずやる気も減ってしまうと思う。」といった事を、何人かのビジネスリーダーから聞いたことがあります。彼らはつまり、「君の意見など聞く気はない。」と言ってのけるような独裁者上司だと思われたくないのです。

このような心配に意味があることなど殆どありません。戦略開発に協力することを依頼する前にまず自分が求めていることを説明したからと言って、それがチームをないがしろにしているということにはならないのです。逆にそれを達成するための助けをチームにお願いしているのですから。

戦略開発の際には必ず、まずその出発点を明確にしましょう。絶対に譲歩できないものは何ですか。そしてチームの助けを得ながら変えていきたいものは何でしょうか。ここで大切なのは、その目的が有効であるかどうかではなく、ある目的を達成するために変更するべき事について話し合うのだということを明言することです。

私のクライアントである某CEOは、譲れない事項として、戦略に沿わない商品ラインの取り扱い中止を決定しました。そのアイディアに反対するマネージャーもいましたが、CEOはその決定を翻すことはなく、 その実行方法についての助けをマネージャー達に求めました。つまり、その時点で既に商品ラインの取扱を中止するかどうかという事は決定事項となっていた訳です。また他のあるCEOは、 単に顧客からの注文を待つ営業ではなく、もっと積極的にビジネス開発を行うことを要求しました。そしてそれを可能にする能力を伸ばし、営業、マーケティングなどのプロセスを変更することに関する助けをチームに求めたのです。

だからといって、ビジネスのビジョンを開発したり、ハイレベルにおける戦略目的を定義する際に、チームの関与を求めてはいけない、という訳ではありません。あなたが望むのであればそうしてもいいですし、実際多くのリーダー達も実際に行なっている事です。しかし、ビジョンを自分だけで決定することにも何の問題もありません 。

それはリーダーの特権なのです。

ビジネスの現状や機会を鑑みれば、特にビジョンの説明をしなくとも、チームもあなたと同じ結論に行き着くはずだと期待するのは、非現実的と言えます。さらに大切なのは、自分には譲れない部分があるにも関わらず、単にチームに戦略ビジョンに関わってもらっている気分になってもらうためにその作成を依頼しているふりをする事は不誠実だということです。

そういうことをすると、必ず後で痛い目を見るものです。戦略作成依頼を受ける以前から、実はあなたによる決定済みの事項があったなどと後から知れば、チームの面々はバカにされたかのように思うでしょう。更に、自分達の時間と努力が無駄にされた、あなたの上っ面しか見えていなかった、かなりちっぽけな存在と見られていた、などと感じるかもしれません。

戦略開発においては、どのようにチームに関わってもらいたい場合でも、常に正直であるのが重要です。

リーダーとしての特権を使えば彼らのやる気を削いでしまうかもしれない、などと心配する必要はない。 Click To Tweet

最初に絶対譲れない事ははっきりさせ、その理由も説明しましょう。例え彼らが「自分であれば違った結論にたどり着く」と感じていたとしても、まずあなたの根拠も理解してもらい、そこで初めて彼らの助けを求めて下さい。

自分の下のマネージャーを尊敬し、その助けを求めてくるような正直なリーダーほど、スタッフをやる気にさせる人はいないのです。

インセンティブに効果はない

もし結果を出せばもっと報奨金を支払う、と言われたら、あなたは自分のやり方を変えますか。

過去、この質問を成功されているCEOの方々に何度もしましたが、彼らの答えはいつでも”NO”でした。あなたも同じように答えるのではないでしょうか。

Continue reading

Practices That Accelerate Leadership Success

リーダーシップの成功を加速させるための習慣

 

以下に挙げたのは、私が知っている中でも最も成功されている方々のやり方に基づいた、ビジネスリーダーとしての成功を加速させるためのトップ20の習慣です。

  1. まず行動、そして後から賛同を得ること。
  2. 大切なポジションにつける人材を探す際には、人事に最初の履歴書のふるい分けを任せることはせず、自分自身で目を通すこと。
  3. 人を褒める時はみんなの目の前で行い、逆に批判をする時には個別に行うこと。
  4. 戦略開発では指揮をとり、人任せにしたり、外注したりは決してしないこと。
  5. 非合法的、或いは非道徳的な行為は、その影響が小さい場合でも、とにかく妥協しないこと。
  6. クライアントとの関係への影響を恐れたりすることなく、業績の悪いマネージャーは解雇すること。
  7. 時間と努力の殆どは、凡庸な部分を強化するのではなく、卓越した部分を開発するために使うこと。
  8. 戦略に合わないビジネスは、たとえ利益が出ていようが、スタッフからの反対に会おうが、削減すること。
  9. 道徳的な面で疑問点のあるビジネスは、企業の社会的責任によって埋め合わせるのではなく、諦めてしまうこと。
  10. 海外市場への進出は、より大きな利益と販売能力を求めて行うべきもので、単にビジネスに余裕があるからという理由では行わない。
  11. 率直かつ機密にアドバイスをもらうための、同僚ネットワークを広げること。
  12. 企業文化の開発・維持は、人事に任せることはせず、自分でリードすること。
  13. 失敗は、なんとしてでも避けるものと見るのではなく、学びの機会であると捉えること。
  14. 業績だけではなく、正しい行動に対しても何らかの報酬を与えること。
  15. 道徳的要請として周りの人々に価値を与えられることにプライドと自信を示し、それが偉そうだと取られることを恐れて何も言わないなどということは避けること。
  16. うつ病にかかった時には、他の病気にかかった時と同様、専門家に相談すること。
  17. 決して経済状況や政治を、積極的にビジネスを成長させようとしないことの言い訳に使わないこと。
  18. 会社の財務実績が理想のレベルに達していない時には、コスト削減により倹約するのではなく、企業開発、研究開発やマーケティングへの投資を増やすこと。
  19. 素早く財務実績を上げるため、という理由だけで人事削減を行ったりしないこと。
  20. 執拗に働くことが一番効率的だとという間違った考えを持つのではなく、休みをとり、自分を大切にすることを忘れないこと。
  21. 常に他人は善意に基づいて行動していると仮定すること(逆であるという証拠を目の前にしない限り)。
リーダーとしての結果を早く出したい方へ。これらのアイディアを行動に移して下さい。 Click To Tweet

質問のある方はどうぞご遠慮なく聞いて下さい。上記のリストに加えるべきと思われるベストプラクティスをお持ちの方からのご意見もお待ちしております。

No Settlement for Augmented Reality

拡張現実に甘んじるべきではない

機械は、現実の人の間の関わりの代わりになれるものではありません。バーチャル・リアリティが本物より良いなどということは決してないのです。最近パリを訪問した時も、この事を改めて思い知らされました。

Continue reading

説得力のある戦略とは

トップレベルの役員やマネージャーであれば、戦略を立ててそれをプレゼンする機会を与えられることがある筈です。彼らの多くは、自分の作った戦略が正しいことを証明するための長いプレゼンテーションを用意します。しかし、真に説得力のあるマネージャーであれば、逆に何故自分の戦略が間違っている可能性があるか、という理由を並べる筈です。
Continue reading

Labor Shortage? No Such Thing!

労働力不足など存在しない

人材不足を嘆く人が多くいますが、それは実は想像上の産物に過ぎません。優れた能力を持つ人々は十分存在しますし、あなたが正しいやり方さえすれば、そういった人を雇うことも可能です。

先週の記事には労働力不足と言われる時代にでもビジネスを成長するために何を手放さなければならないか、ということを書きました。今週は、何に取り組むべきかについてお話ししたいと思います。そのトップ4は以下の通りです。

Continue reading