建国記念日によせて

1946年の2月11日にマッカーサー将軍は日本国憲法の原案を承認しました。神武天皇が即位したとされる2月11日は、日本の建国記念日として、祝日に指定されてもいます。

建国記念日は日本国民であることの意味や、この国の根本にある平和主義、民主主義、自由といった価値観について考える良い機会です。私たちは、ちょうど日本に様々な問題が立ちはだかっている時に、今年の建国記念日を迎えました。日本は今、中国からの圧力、中東で市民に対して振るわれている暴力、現代での自衛隊のあり方の見直しなどに直面しています。時折こうして、常に様々なことで混沌としている世界の中で、自分たちが支持しているもの、信じているものについて落ち着いて考えてみることは、我々はどこから来たのか、そしてこの先どこへ向かおうとしているのか、といったことを理解するのに役立ちます。

同様なことを自分のビジネスにおいても考えたことはありますか。ご自身、そしてあなたの会社で働く人たちは、会社が大切にしていることや信じていることについて、時折一緒に考えたりする機会を持っていますか。自分たちがどこから来たのか、そしてその価値観に沿っていけば、どこに向かって行くのか、など、熟考することはありますか。あなたの会社にも、こういったことを考える機会となる、「建国記念日」のような日はありますか。もしなければ、作られるべきかもしれませんね。

あなたにも、建国記念日おめでとう、という言葉を贈らせてください。

Photo: Rising Sun Over Ushiku Swamp on National Foundation Day, 2015, Ibaraki Prefecture, taken by me during my morning bike ride.

写真:2015年建国記念日に、茨城県牛久沼の上に登る朝日。(写真撮影:スティーブン・ブライスタイン。朝のサイクリング時に撮影。)