やる気にさせるための3つの「R」

人に直接やる気を出させることはまず無理です。モチベーションというのは自分の中から生まれるものですから。それでもやる気を起こすための環境を整えてあげることは可能です。

そのためには、3つの「R」(責任、評価、報酬)に焦点を当てる必要があります。

Responsibility:責任
人は、楽な生き方に憧れているように見えますが、困難が立ちはだかったときこそ、やる気をだすものです。簡単な仕事を与えられれば、すぐに飽き、やる気を失います。逆に自分が持つ以上の能力を必要とするような仕事を与えられると、個人的にも成長しますし、一所懸命課題に立ち向かうものです。

Recognition:評価
努力や貢献度が認めてもらえれば、やはり嬉しいものですし、やる気をおこすのに大きな役割を果たします。「ありがとう。」の一言が持つパワーは決してあなどれません。社員のアンケートを見ても、金銭的見返りより、評価をしてもらうことの方が、よりやる気をおこす源となっているという結果が出ることが殆どです。

Reward:報酬
報酬、とくに金銭的な報酬も大切です。ただ、やる気を起こさせる要因としては、限界があることを覚えておいてください。すでに自分に相応で、生活に必要な報酬を得ていると感じている人に、さらに金銭的な報酬を与えることでやる気を出させようとして、うまくいくことはまずありませんし、下手すると、逆にやる気を無くさせる結果にもなりかねません。社員には公正な給料と、適切な昇給を与えて下さい。できる社員に相応のボーナスや昇給を与えることは、モチベーションを大きく上げ、払った金額を大きく上回るほどの計り知れない価値を、会社にもたらしてくれることもあります。逆に、報酬を渋ると、やる気の低下がもたらす業績低下につながることにもなりかねません。節約した金額より、モチベーションの低下によるコストの方が上回る可能性もあるわけです。

上記の3つの「R」は多くの社員に良い効果をもたらします。しかしながら、自分が成長することにあまり興味を持たないような社員がいるのも事実です。これには様々な理由が考えられますが、その殆どは、コントロール不可能なものです。そういう人たちにやる気を起こさせようと躍起になることはありません。成長したいと感じている多くの社員に焦点を当てたほうが、ずっとその努力が報われるような結果が出せるはずです。

3つの「R」を常に念頭においた会社文化を育成し、また実行しましょう。そうすれば社員の能力を開花し、ビジネスの成長を素晴らしいやり方で大きく後押しすることとなります。