リーダーとそうでない人との違い

御社のスタッフには、リーダーになれると思われる人と、ちょっとリーダーには無理かと思われるような人の両方がいますか。

性格分析や仕事への取り組みに関する質問調査の結果でそれを判断することなどは避けるべきです。こういったテストは本当に正しいかどうかの証明はされておらず、重役レベルのリーダー候補者を占いで判断するのと同じようなものなのです。

リーダになるべき人材も、中間管理職落伍者の手先のような人材でも、一定パターンの態度を示すものである。 Click To Tweet

以下にその例を23点、挙げてみました。

リーダータイプの人                             中間管理職の手先タイプの人
決定事項やそれに関して取られたアクションを報告する。 まず上司からの許可を求めたり、指示が与えられるのを待ってから行動する。
全員での決断が必要な場合、オプション、リスク、考えられる予防方法や不測事態をリストアップし、その上で、提案を行う。 オプションの提示なし。一つのやり方のみを推す、もしくはそれがうまくいかないであろうということを説明するかのみである。そして膨大なデータを使って、その根拠を正当化しようとする。
可能と思われる投資利益率を金銭的に数値化することができ、また、それをその規模の順番で(何万ドル、何十万ドル、何百万ドル、など)述べ、それらの数値を導き出した方法の説明も行える。 ある投資の価値の規模を聞かれると、確実に答えを出すことができないと言い、予想さえしようとしない。
ホワイトボードを使い(或いはホワイトボードがない場合でも)、3分以内で戦略を説明することができる。 戦略の説明には、それを準備する時間と80ページのプレゼンテーションスライドを必要とする。
エキスパートとして、自分の視点を主張する。 膨大なデータを使って、自分の視点を前もって弁護しようとする。
上司からの質問も、会話の一部として冷静に受け止める。 上司からの質問は、口頭試験を受けているかのように答える。
人に好かれるに越したことはないが、それが仕事上必要なことではないと理解している。 人からどう思われているかが気になって仕方ない。
部下の態度、結果には、責任を持たせる。 部下が結果を出さないと、それを避難する。
必要であれば、良心の呵責を感じることなく、人を解雇する。 よっぽどの違法行為が行われた場合以外に人を解雇することは、非道徳的だと考えている。
データをいちいち見なくても、重要な財政上の数値はいつでも把握している。 ビジネスの財政上の状況を聞かれると、データを見ないとわからない。
業績の悪い社員を維持することによる悪影響を心配する。 業績の悪い社員を解雇したら、他の社員たちがどう感じるかを心配する。
差別化を行う。優れた者を優遇する。 道徳的であるべきという理由から全員を平等に扱うことが大事と考えている。もしくは自分に追従する者に甘くする。
人事がビジネスにとってベストと思われないような行動を取ろうとしたら、それをストップする。 人事を逃げ道に利用する。
会社に忠誠ではない。自分が成長する機会が失くなったと感じれば、躊躇することなく社を去る。 もし会社を辞めれば次の職を見つけられるかどうかを心配しており、今の会社に忠誠を誓っている。
アシスタントや代理人とは交渉を行わない。 直接決定権をもつ人に連絡をすれば、それをよく思わない人が出てくるのではないかということが気になってしまう。
営業という仕事が大切な職業だと思っており、セールスコールには全て答える。(たとえ「現在は興味はありません。」と言うことになっても。) 営業してくる人を迷惑と感じ、セールスコールはまず秘書にふるい分けをさせる。
オフィスの様子をしばしば実際に歩いて見て回る。 重要な仕事で多忙を極めているふりをして、デスクにずっと座っている。
収益を上げることを優先事項にする。 コスト削減を優先事項にする。
携帯にかかってきた電話を取ることはまずないが、常にすぐに返信する。 大切な案件の電話を逃さないよう、携帯への電話はちょくちょくでる。しかし出損なった電話への返信はしたりしなかったりである。
決断を下さないことはどんな決断より最悪だとわかっているので、素早く決断を行う。 どんな決断でも間違えれば自分の経歴に影響する可能性があるので、まず仮の(そして時には優柔不断な)決断を下す。
仕事の状況に関わらず、自分のための時間をとる。 いつも過労状態である。ビジネスのためには自分を犠牲にする。
多岐にわたる興味、趣味を持っており、様々なトピックについて賢明な会話ができる。 趣味などに費やす時間がないほど忙しい。仕事が一番大事である。
会話の中にしばしばユーモアを取り入れる。 ビジネスはビジネス。ユーモアなど必要ないと感じている。

あなたはどう思われますか。

自社のリーダー候補たちには、どのような態度を求めていらっしゃいますか。