スティーブンのブログ

キックスターターとスマートウォッチ「ペブル」の成功例:果たして日本でも通用するか

数ヶ月前、私は当時見たこともないばかりか、製品化もまだされておらず、聞いたこともないグループによって開発中であった腕時計に100ドル以上を払ってしまう、という経験をしました。正気には聞こえないでしょうね。でも実はこんな行動をとったのは私だけではなく、6万9千人を超える人たちも同じことをしたのです。その腕時計とは「ペブル」と名付けられたスマートウォッチで、キックスターターというクラウドファンディングのサービスを利用してその開発の為に集められた資金は、計1千万ドル以上という過去最高額を記録しました。(ある記事によると、最初は10万ドル程度を集めるのが目標だったとか。)

つい先週、その私がオーダーしたペブルが手元に届きました。見た目も良く、iPhoneと簡単に繋げることができます。もちろん自分がこんな素敵な製品を製品化する手助けをした中のひとりなんだと思うと、いい気分にもなります。ペブルとキックスターターはこのようなクールな消費者向け製品を市場に送り出す従来のやり方を改革したといえるでしょう。

pebble

過去20年で、日本の電気製品の魅力はかなり褪せてしまいました。ソニーやシャープ、パナソニックといった大手企業の勢いもすっかりなくなってしまったのが現状です。しかし私は、だからといって日本がクールな感覚を失い、かつてどんどん新技術を造り出していたあの素晴らしい能力をもなくしてしまったとは思っていません。ひょっとしたらキックスターターのようなクラウドファンディングや、ペブル・テクノロジー社を立ち上げたような人たちこそ、今の日本が停滞する電気製品業界を立ち直すために必要としているものかもしれないと考えます。日本人はもともと大人数が協力し合って素晴らしいことを達成する、という文化的な傾向があります。キックスターターのやり方などは、日本人にぴったりかもしれません。

唯一の疑問点は、日本社会が、キックスターターとペブルのケースでも見られたような、ある意味で図々しく、統一もとれていないように見えるビジネスのやり方を受け容れ、また日本政府もこれまでの日本社会では考えられなかったような資金集めの方法を認めるか、というところでしょう。こればかりは私にも予想がつきません。ただ言えるのは、もし日本製のかっこいいスマートウォッチを製品化するお手伝いができ、さらに最初に作られるモデルのひとつを自分のものにできるのであれば、私だったらよろこんで1万円くらい払うだろうということです。あなたもそうすると思いませんか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください