スティーブンのブログ

フランス商工会議所

先週、私は正式にフランス商工会議所の賛助会員となりました。これは、商工会議所のベルナール・デルマス会頭より、認定証を頂いた時の写真です。

賛助会員とは普通の正会員に比べ、より様々な特典を伴う、最高レベルのものです。

去年の頭に初めてフランス商工会議所に入った時は、普通の正会員でした。それが1週間もしないうちに、商工会からの紹介で、フランスの会社の日本支社で社長を務めていらっしゃるフランス人の方から連絡があり、彼、そして彼の会社は、その後、私の最高のクライアントの一つとなったのです。その上、その会社のフランス本社の社長の方からも私に仕事を任せていただけるようになり、私がフランスに出張して、本社のチームとプロジェクトに取り組むこともありました。

フランス商工会議所の方々は、自分たちに比べ大規模なアメリカ商工会議所より劣っているように感じる傾向があります。メンバーに対して素晴らしい価値を提供しているということを十分把握していないのか、フランス人や日本人以外の人たちに入会を勧めることもないようです。彼らが主催するイベントの半数以上は英語で行われているにも関わらず、そのウェブサイトはフランス語と日本語のみで、英語バージョンは存在しません。同時にアメリカ商工会議所のメンバーの多くは、他の商工会議所には目も向けず、複数の商工会議所のメンバーになる価値を見逃しています。

私が毎年フランス商工会議所とアメリカ商工会議所のイベント等に参加したことから発生したビジネスからの収入は、何十万ドルにものぼります。商工会議所に払う会費を考えると、とんでもなく高い投資利益率ですね。他にこのような投資利益率を見込める場所があるでしょうか。

ひょっとしてあなたも間違った思い込みのせいで、価値のあるものを見落としてはいませんか。見落とされているようなところには、しばしば大きなチャンスが隠れているものです。目の前にある価値に全然気づいていないせいで、その価値を顧客に提供し損ねている、というケースもあるかもしれませんね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください