exceptional leadership

成功をおさめる例外となれ

「例外」というものはその定義上、例外的に起こること、ということです。そして例外というものは、例えそれが滅多にないものだとしても存在するものです。ですから企業改革に関するリサーチの結果、成功と失敗の特定の要因の間に深い関係があるということがわかったとしても、だからと言ってそれが絶対のものだとは言えません。私のクライアントで素晴らしい成功を収めている方々も、自分でその例外を作り出していますし、これは貴方にも可能なことです。

私はこれまで大きな改革が実行される際に、前もって社内中に改革に対する熱意があった、などというケースを見たことがありませんが、最初に賛同が得られなかったにも関わらず、改革を成功させたケースは数多く知っています。ですので私は、正しいやり方に沿う限りは、まず改革に着手して、後から賛同を求めることを推奨しています。

Continue reading


boldness now

大胆さが必要なのは、常に「今」である

今年の初めのことですが、日本にある外資系会社のCEOから新年の挨拶と共に、2020年に素晴らしい業績が出せたという嬉しいお知らせがありました。しかし彼のリーダーシップと彼が率いる会社のことを考えると、それは別に驚くようなことではありません。また、私がおつきあいさせていただいているCEOの皆さんの多くも、2020年の業績を報告しており、中には過去最高の売り上げを出したビジネスもあります。

Continue reading


data analyis

データを重要視する官僚主義に立ち向かうには

何か決定をする時にデータが必要になることはありますが、それ以外に必要なデータなどありません。しかし私の経験から言うと、本社に提出されるデータの多くは、その殆どが必要とされていないものであったり、使われることのないものであったりするようです。ある時点で何かを決定するためにあるデータが必要となり、それをきっかけに関連データまで集めるように指示された、などという辞退となったのかもしれません。しかしその数年後には、その元々の大切な決定事項が何だったのかさえ覚えている人はまずいないでしょう。

Continue reading


truth

聞きたくない真実

私の知り合いである日本人CEOの話です。彼は大変成功している人で、つい最近、かなりの問題を抱えている日本企業のリーダーとなったばかりなのですが、私にこのような質問をしてきました。「この企業を立て直す為にやるべきことのトップ3を挙げるとしたら、何だと思いますか。」

「一番やらなければならないことはただ一つですよ。」と私は答えました。「とにかく徹底して正直であることです。」

Continue reading