CSRは贖宥状とはならない

ビジネスリーダー達が、企業の社会的責任を果たすことで、倫理的に問題があるのではないかと考えられるようなビジネスの埋め合わせをしようとするのを目にすると、不安にさせられます。

Continue reading


Guillermo Gutierrez

シャネル日本法人CEOギエルモ・グティエレス氏へのインタビュー

去る10月23日(金)に、在日フランス商工会議所の主催による、シャネル日本法人CEOギエルモ・グティエレス氏へのインタビューを行わせていただきました。ご出席いただけなかった方々のために、私が学んだことの重要部分をここで紹介いたします。

  1. しっかりしたやり方で行いさえすれば、日本の高級化粧品市場において大型小売店の売り上げを伸ばせる機会は倍増している。海外の小売店では、人が多く来るエリアに似たようなブランドを集めるという、よく考えられた方法を取り入れている。しかし日本のショッピングモールでは、どちらかというと小売店はある場所を借りているというだけという感じで、様々なブランドや商品が適当に集まっているのが現状だ。これはデパートでもある程度は見られることである。
  2. 高級化粧品市場で一番成長が見込めるのはオンラインでの販売であるが、実際の店舗で経験していただける接客コミュニケーション経験に値するようなレベルのサービスがオンラインでも提供できるようにならなければ、達成できないことである。AIでそれを為しうることはできない。生身のコンサルタントがバーチャルで顧客を直接サポートできるような画期的なやり方が必要だ。現存のオンラインプラットフォームにはこれを行うのに十分なものは存在しない。多くのブランドは、エキスパートを雇って独自にそういったシステムを開発しなければならないだろう。
  3. 楽天やアマゾンなどのプラットフォームで高級な商品を売ることができないのは、低価格を前面に出していることが理由だ。また場合によっては一定の商品カテゴリーをターゲットとし、綿密な略奪戦略を使って潰しにかかるといったケースもある。
  4. COVIDのせいで、化粧品ブランドはリモートに顧客にアプローチしたり販売したりすることを必要とされた。コロナ禍では、顧客が購入する商品にも変化が見られた。テレワークになったからと言って全く外見を気にしなくてよくなった、という訳ではなく、オンラインでも美しく見える必要性が出てきたのである。マスクを付けなければならなくなったことで、目周りの化粧の大切さが際立ってきた。
  5. ブランドを率いるリーダーの方々にお伝えしたいことは、新しい手法やチャンネル、アプローチを積極的及び頻繁にトライすることがチャンスを生む、ということである。うまく行っていることは続け、そうでないものは排除すること。日本で成功するブランドは、恐れることなくイノベーションを優先し、グローバル本社の上司からもそれに必要な権限を与えてもらっているようなリーダーが率いているものである。

上記のアドバイスに刺激を受けた方々には、是非この先私が関わるインタビューにも関心を持っていただければと思います。在日フランス商工会議所のイベントをチェックし、また商工会メンバーになることもご検討下さい。(https://www.ccifj.or.jp
在日米国商工会議所のイベントを常時チェックすることもお勧めいたします。(https://www.accj.or.jp)在日米国商工会議所のIndependent Business Committeeは私も副会長としてお世話させていただいているのですが、メンバーになると、私が主催するものも含め、Committeeが行う様々なイベントのお知らせを受け取っていただけます。


一番ビジネスを左右するのは、バリューよりも指針である

ある企業ではイノベーションをそのバリュー(共通価値観)として掲げ、社員にもいつもイノベーションと書いたものが目につくようにしてはありますが、実際には、R&Dのスタッフも含め、誰かがイノベーションを生み出す姿が見られる事は滅多にありません。
Continue reading