スティーブンのブログ

戦略ツールなどいらない

新しいカメラを使ったからといってより芸術的な写真が撮れるというわけではありません。それと同様に、ビジネス戦略においても、新しいツールを使えばより良い結果が出せるというものではないのです。

つい先日のこと、東京秋葉原にあるヨドバシカメラで、ある有名なカメラのメーカーが、最新のカメラの新しい機能をお披露目するためのセミナーを行っていました。そこに集まったのはだいたい似たような年の男性が殆どで、セミナーの内容に真剣に耳を傾けていました。彼らはカメラメーカーの思惑通り、最先端のカメラを使えば自分の写真の腕も上がるだろうと期待しているようでした。しかし、写真を撮るのはカメラでなく、人なのです。どのカメラを使うか、など関係ありません。

大切になのは、ものを見る目、創造力、美学センス、構図の取り方、シャッターを下ろす最高の瞬間を選ぶ能力、といったものです。これらは全てカメラの機能ではなく、写真家自身が持つ要素です。最大でもカメラ自体にできることは、写真家の邪魔とならないようにする程度のことでしょう。私の言うことが信じられなければ、何年か以上前にご覧になった中でも最高の写真を思い浮かべてみてください。美術館で目にしたものであろうが、ナショナルジオグラフィック誌の表紙を飾ったものであろうが、その写真を撮るのに使われたカメラは、今あなたがお持ちのカメラに比べれば劣っていた筈です。

戦略においても似たようなことが言えます。現在、もしくは以前に存在した本当に素晴らしいビジネスのことを考えてみて下さい。そのどれもが現在存在する最高のツールを使うことなく、戦略開発を行ったのです。どれだけのケーススタディに関する本が、成功したビジネスをフレームワークに組み込もうとしても、その事実は変わりません。

比較的最近のことですが、日本でも最大規模に入るような銀行で戦略がうまくいっていないことが明らかになってきました。彼らが使っていた戦略ツールはすでに20年前から存在する古いものだったので、戦略プランニングの責任者は、そのツールを新しいものに変えることが必要なのだろうと思い込みました。そこで彼が私に聞いてきたのは、「現在一番良いと思われる戦略ツールはどれでしょうか。」という質問でした。

そこで私が返した答えは、「そんなものは存在しません。」というもの。

ツールが戦略を作るのではないからです。戦略を作るのはあくまでも人なのです。

この銀行での問題は、リーダーの考え方にありました。もっと正確に言うと、彼らが考えようとしていなかったのが問題だったのです。

戦略作成において大切なのは、自分の周りの世界をどのように捉え、理解しているかということである。そのために選択するツールなど問題ではない。大体どのツールでも使えるものなのだから。 Click To Tweet

著名なビジネススクールの学者達は、定期的に新しい戦略ツールややり方を考案し、企業の間ではそれらがしばらくの間は良く使われるようになるものです。私もその時々の最新のツールについて意見を求められることが良くあります。

そのような時の私の答えはいつも決まっています。「このツールが本当にビジネスの万能薬なのであれば、どうしてそれを発明した当人は、そのやり方を使って起業してお金儲けをすることなく、今だに大学で並みの給料をもらいながら生活しているのでしょうね。」

きつい言い方だと思われますか。ハーバード大学のマイケル・ポーター教授(そう、あの5フォース分析で有名なポーター教授です)の戦略コンサルティング会社であったモニター・グループは、結局経営破綻してしまいました。つまり、戦略をうまく論理化することと、それを実行することとは別物だということを、証明してしまう結果となったのです。

あなたのチームは戦略についてどう考えているでしょうか。将来作り出したいビジョンをもとに戦略を作っていますか。それとも現在手中にあるうまくいっているビジネスに縛られていますか。新たな戦略にそぐわなくなってきたビジネスがあれば、いくら現在うまくいっていたとしても、それを未練なくやめることができるでしょうか。損失に比べて得るものの方が大きい、といった妥当なビジネスリスクであれば、それを負うことにもオープンな姿勢で望めますか、それともリスクと聞いただけでためらってしまうでしょうか。戦略についてはどのような考えを持っていますか。

戦略的な考え方さえできるのであれば、今以上の戦略ツールなど必要ありません。現在持っているツールで十分ですし、自分で新しいツールを作り出すという手もあります。それをやってはいけないなどということはありません。ツール自体が必要ない、ということもあり得るのです。

戦略フレームワークに沿った答えを出すことは、初めてビジネスを学ぶ学生にでもできることです。しかし戦略的な考え方となると、こちらはそう容易なことではありません。ですから、良さそうな戦略ツールよりは、より良い戦略的な考え方をすることにエネルギーを使ってください。そうするために新しいツールが必要というわけではありませんし。

写真がカメラよりそれを取っている人に影響されるのと同じく、戦略も大切なのはツールではなく、戦略的考えをする人なのです。

あなたの会社では誰が戦略を練っていますか。

写真はカメラで作られるというのは幻想である・・・。写真は人の目と心と頭が作り出すものなのだ。 

– アンリ・カルティエ=ブレッソン(20世紀のフランスの写真家、国際写真家集団「マグナム・フォト」の創設者)

(写真:スティーブン・ブライスタイン 50年物のカメラと白黒フィルムにて撮影)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください