戦略の遂行

戦略というのは、どれも書類上は完璧なものです。しかしその実行を管理するのは簡単ではありません。弊社では、クライアントが戦略実行管理をできるようになるお手伝い、またはその能力を伸ばすお手伝いをさせて頂いています。

うまく戦略を実行するには以下の5つの点を考える必要があります。

  1. 戦略は、シンプルに伝えられるべきである。
  2. リーダーは、自ら戦略を実行しているところを常に社員に見せなければならない。
  3. 戦略が会社の為になり、また社員はその戦略内でそれぞれどういう役目を果たすのかということがクリアでなければならない。
  4. 戦略に従うことが絶対であるということを社員に理解させることが重要である。
  5. 社員には責任がある。特にリーダーに責任を与えられた場合は、社員はその責任を遂行せねばならない。

戦略実行のフレームワークにあまり効果が見られない場合、その理由はフレームワークの技術面(どのようにして使われたか)、プロセス面(誰がいつ、何を行ったか)、リーダーシップ面(戦略実行を成功させる要)の3つのエリアに絞られます。

弊社では、これらのエリアに対処することで、クライアントが優れた戦略実行ができるようになるお手伝いをしています。上手に戦略実行を管理できるクライアントは、戦略に対する社員の熱意や同意を得ることができ、環境の変化に素早く対応し、ゴールをより多く達成、中級管理職レベルでの実行成功度も増し、財務結果にも大きな伸びが見られます。