スティーブンと他のコンサルタントとの違い

「私の経験上、継続的な改善や変化は、単にひとつのやり方であるエリアのみを扱っただけでは起こりません。全体的に見ることが必要です。様々なエリアを、いろいろな方法を使って、頻繁に調整しつつ見ることが、望ましい結果を導くことに繋がるのです。

私はいつもその望ましい結果を出すため、全然異なった機能の間の橋渡しをすることが大切だと思ってきました。それは例えばビジネス戦略とテクノロジーであったり、アメリカのやり方で扱う日本でのチャンスであったり、海外での機会と日本の能力であったりします。会社を望ましい方向に持って行くための優れた能力を開発するために、機能間、文化間の障害を取り除くのが私の役目なのです。」